FC2ブログ

R.B.R モーターサイクル 「いろいろメモ」

大阪 茨木市のバイクショップ、 R.B.R モーターサイクルの日々をお知らせ。

実用域特性の重要性

先日のトライアンフ試乗記で特にお伝えしたかったのは
実用域を中心に車両を仕上げていく事の重要性でした。
国産も例外ではありませんが、特に外車に関しては、まず日本の事は一切考えられていません。
もちろん使う側の日本人の事も・・です。

体格の大きな違い、作られた国によって違う交通事情、
数え上げればきりがありません。

トライアンフに限らず海外他メーカーもしかりで
ディーラーで納車された瞬間はうれしいのですが、
その後は地獄の苦しみが待っていたりします。

まず乗りにくさ、扱いにくさが露呈して
それを補う為のスペシャルテクニックを身に付けなければなりません。
これではいくらライテクを学んだところで何の役にも立ちません。

車両を日本の道に合わせる、そしてメンテナンスをして
オリジナルのポテンシャルを引き出すことが重要です。

簡単に言うとちゃんと動くようにしてからのライテク講座となるわけです。
雑誌等に踊らされる事なく、最初に自分のバイクは充分にメンテされているかを確認してください。

ノースウイングJCさんのボンネですが、
この実用域にこだわって仕上げられています。
オリジナルWPサスのプログレッシブ特性は、
実際に走らせると徹底的なこだわり具合が伝わってきます。

具体的にはスタートのスムーズさ
40km/h~80km/hのフラットなトルク感
その速度域でのサスペンションの素晴らしい仕事ぶり
(なんとも感覚的な部分を伝えきれない文章力の無さでもどかしいのですが・・・)

普段の道が楽しくてしょうがありません。
ちょっと1km先の買い物でも乗って行きたくなります。
実用域に合わせると大柄な車両にこんな気持ちを抱かせるようになるのです。


  1. 2011/05/14(土) 20:18:35|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://rbrmc.blog99.fc2.com/tb.php/536-3168efb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)